読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミを読もう!~アメコミ情報ブログ~

アメコミを読み始めたい、どんなヒーローが居るのか知りたい。そんな人のためのブログにしていきたいと思います

アメコミ情報

いよいよ映画まで後だいたい二ヶ月を切ったアベンジャーズ2。

ネット上では日本版ポスターがダサいと僅かな期間炎上していたが、そんなことはどうでもいい。

映画本編はダサくない最高なストーリーが拝めるだろう。

非常に楽しみなので4月頃から映画情報は完全にシャットアウトしている。

しかし、今回紹介する話は映画には関係ないし、鮮度が大事だから急いで紹介しておかなければならない。

 

というわけで、珍しくサイト名にふさわしい、アメコミ最新情報の話題だ。

それも4つもだ。

このサイト「情報ブログ」という名前のわりに情報らしい情報あまり紹介してないしな。

 

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロンVol.1

まず初めに紹介するのは、ヴィレッジブックスより5月30日に出るエイジ・オブ・ウルトロンシリーズの紹介だ。

こっちは映画とは違ったストーリーラインになるので、読んでもネタバレにはならない(らしい)。

ウルトロンがどんだけヤバイやつなのかを、アメコミに興味を持つアメコミ初心者のために、映画公開に先駆け紹介しようというつもりなのだろう。

アニメを見た人ならわかると思うが、相当にヤバいヴィランなので、ぜひともその強さをチェックしてみよう。

表紙を見ればわかると思うが、ドラゴンボールのメタルクウラ軍団並の絶望感が漂っているぞ。

なお、他にもアイアンマンのアーマーを乗っ取ったエピソードである「マイティ・アベンジャーズ:ウルトロン・イニシアティブ」もヴィレッジブックスより絶賛発売中だ。

 

AVX:アベンジャーズ VS X-MEN ROUND1

こちらも同じくヴィレッジブックスから5月30日に発売されるシリーズ作品の第一巻だ。

「シージ」でようやくシビルウォーから続いたヒーロー同士の内戦も終わったかと思えば、またもやヒーロー同士の内戦が勃発した。

今回紹介する「AVX:アベンジャーズ VS X-MEN ROUND1」は、だいたいそんな感じだと思って欲しい。

なんやかんやあって対立してしまったアベンジャーズとX-MEN

二大ヒーローチームの衝突は例に地球規模で様々な危機をもたらすのだが、ここらへんは本編をお楽しみに、またはウィキペディアでチェックだ。

ネタバレ嫌いならオススメはしない。

もう一度言う。ネタバレ嫌いなら絶対にオススメはしない。

 

X-MEN CROSSOVERSシリーズ再販

上記のアベンジャーズVSX-MENシリーズの開始に伴い、以前通販限定で行っていたX-MENクロスオーバーシリーズ」の再販が決定した。

このシリーズでは、上の内戦勃発の原因となった一人のミュータントについてのお話を主に紹介しているストーリーであり、このシリーズを読めば今回発売されるアベンジャーズVSX-MENシリーズがもっとディープに楽しめることうけ合いだ。

しかし、今回もやっぱり通販限定。

まあこれは仕方がない。

仕方がないが通販限定はマジでかんべんしてください。

お金がないから泣く泣く諦めたものもあるんです。

で、そんな再販は2015年5月28~29日頃開始予定だ。

繰り返す。

X-MENクロスオーバーシリーズの通販は2015年5月28~29日頃開始予定だ。

上記リンクをクリックすれば通販ページに飛べるのでぜひご利用下さい。

 

と、ここまでマーベルオンリーの話をしてきたが、もちろんDCだって負けてはいない。

可愛らしい絵柄でバットマンたちが活躍する「リル・ゴッサムシリーズや、なんやかんやあって無法地帯と化したゴッサムを描く「ノーマンズ・ランド」シリーズ、それぞれ第二巻が小学館集英社プロダクションより5月27日に発売されるぞ。

ほのぼの系が読みたいなら前者、ダークな話が読みたいなら後者シリーズがオススメだ。

バットマン作品はハズレが少ないし実に良い。

 

しかし、今回紹介するのはこの二つではない。

 

今回紹介するのは、DCファンならぜひとも揃えておきたいNEW52シリーズの紹介だ。

そして、通販限定だ。

文句はアメコミを買わない人に言ってくれ。

 

NEW52シリーズ:VOL4&5

VOL4&5と表記しているが、実際にはナンバリングはされていない。

タイトルが長ったらしくなるのでそう表記しているだけなのであしからず。

今まで、NEW52シリーズは3作ほど刊行されている。

ジャスティス・リーグ」「バットマン」「スーパーマンが当てはまるわけだ。

しかし、今回紹介する

NEW52:グリーンランタン/ダーク及びNEW52:エッジのみ、通販限定として販売されることになっている。

前者は、宇宙を守るヒーローである「グリーンランタン」関連のエピソードを主に紹介しており、グリーンランタンファンなら抑えておきたいところだ。

後者は、ヴィランチームであり、映画化も決定している「スーサイドスクワッド」やデッドプールの元ネタでもある「デスストロークなど、様々なキャラのエピソードが紹介されているバラエティ豊かな一冊になっている。

なお、デスストロークはデッドプールとは真逆のキャラだということも一応書いておこう。

なお、気になる発売日と通販締切日だが「グリーンランタン~」が7月6日締め切りで7月30日発売、「エッジ」が7月30日締め切りで8月30日だ。

こうしてみると、結構長い期間受け付けているように思えるが、悩めば悩むほど1日は一瞬で過ぎていく。

気がつけばとっくに締め切りが過ぎていたなんてことにならないように気をつけよう。

 

以上が、今回お送りさせていただいたアメコミ情報である。

悲しいことに、やはりまだアメコミの需要というのはそこまで高くはない。

通販限定作品が多く刊行されているのがその証明となっている。

もっとアメコミを買う人が増えたら、いずれはこういった限定販売もなくなるのかもしれないが、現状はこの有り様だ。

しかし、じわりじわりとだが、やはりアメコミに興味を持つ人は増え続けているのだと思う。

通販限定作品の再販がその証明となっている。

シビルウォーのクロスオーバーしかり、今回のX-MENクロスオーバーしかり、一時期はマニアックな人向けのようなものだったが、欲しいという声が沢山出てきたからこその再販であり、アメコミが好きになった人が増えている証拠だ。

そう思いたい。信じたい。

実際のところは統計取ってないから増えているのかどうかはわからないし、転売目的の人だっているだろう。

でも、将来的に需要が増えまくり、通販限定本が普通に店頭に並び、お値段もお求めやすくなってほしい。

そんなことを考えつつ、今回はこれでお話を終えたいと思う。