読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメコミを読もう!~アメコミ情報ブログ~

アメコミを読み始めたい、どんなヒーローが居るのか知りたい。そんな人のためのブログにしていきたいと思います

振り返りのようなもの

振り返れば、もうすぐでブログを初めて半年だ。

そして、ブログのPVは50000を超えていた。

去年の10月30日に始めたのだが、ここまで多くの人が見てくれるとは本当に思わなんだ。

当初は1日に数人程度しか見ていないような、吹けば飛ぶような弱小ブログだった。

10PVもあれば大喜びするような有り様だったといえば、当時の慎ましさがよくわかると思う。

このままじゃいかんと11月の半ばからSNSで宣伝したり、はてなブログのグループに参加したりと、いろんな小細工を弄してみた。

「これで10人位増えれば儲けものだな」

と思った瞬間、12月に入って間もない頃に1日で一月分の半分以上のPVを叩きだした。

それを皮切りに、今までの10~20倍以上の人が見てくれるようになった。

感想だが、嬉しいよりも怖いという気持ちのほうが強かった。

SNS恐るべし。

今でも予想以上のPV数が出るとビクってなる。

 

文章を書くのが少し怖くなったのもこの時期だ。

それまで好き勝手に書いてたけど、多くの人が見てくれているってことは、自分よりはるかに詳しい人も確実にいるということだ。

そんな人が見てる中、無様を晒すということを僕は常に恐れていた。

というより今も恐れている。

 

でも、お陰で文章力は小説書いていた頃よりも上がったと思う。思いたい。

今まで書いていた文章は自分が楽しむための文章だったが、だんだんと人が楽しむための文章を書こうと頭をひねるようになっていったからだ。

こんな記事ひとつ書くにしても、アップする前結構アレコレカットしている。

昔は「せっかく書いたのだから」と無修正でお出ししていたことを思い出すとゾッとする。

 

そんな、おっかなびっくりで文章を書いては上げるという毎日を繰り返していくと、だんだんツイッターよりもGoogleやヤフーでたどり着く人のほうが多くなっていった。

どうやらググれば割と上の順位で表示されるようになったようで、それの影響だと思われる。

この頃になると、1日200人から300人位来ても動じなくなっていった。

慣れとは素晴らしいものだ。

 

しかし、代わりに辞めどきを失った。

前もって断っておくが、記事を書くのを辞めたいと思ったことは今まで一度もない。

しかし、当初は全く人が見てなかったので、「いつでも投げ出せる」とか考えながらゆるく運営をしていくつもりだった。

宣伝しても「多くて40~50人程度だろ」なんてことを考えていたくらいだ。

それがこの有り様だ。想定の8倍だぞ。

挙句の果てに酒の席でうっかり口を滑らせて同僚にバレた。上司も見ている。

おのれ大吟醸。まろやかでフルーティな気品のある旨さで酒を進ませやがって。

 

しかし、感想のコメントを頂いたり、昼休憩の定食屋であまり話のしたことのない同僚と特撮版スパイダーマンの話になったりと、ブログをはじめなければ得ることの出来ないだろう体験も数多くあじわった。

続けてよかった。

ブログ始めてわずか半年でさまざまな喜びや驚きを体験できたのだ。

これが一年、二年と続けば、どんな経験ができるのだろうか。

書くのを辞めるのは、それを体験してからにしようと思うので、もうしばらく続けてみよう。

と、若干綺麗にまとまったところで、振り返りを終わりたいと思います。

ついでに、GW中は更新する気はないと言っておこう。

東京行ったり久々に家族で食事をしたりと休みを満喫するんだ。