アメコミを読もう!~アメコミ情報ブログ~

アメコミを読み始めたい、どんなヒーローが居るのか知りたい。そんな人のためのブログにしていきたいと思います

結局、アメコミはどれを買えばいいの?~アメコミを買って読もう。その①~

今回は、アメコミをまったく知らない人におすすめするコミックスを紹介していこう。

 

以前書いたが、アメコミは注釈文や前知識がなければ高確率で置いてけぼりを食らう物が多い。

「高い金払ってついていけなかったらどうしよう」

と不安になってしまう人も多いと思われる。

それならば、前知識がなくても楽しめるアメコミを買えばよいのだ。

というわけで、ここではそんな前知識なしでも楽しめる。面白いアメコミを紹介していこう。

X-メン:ファーストクラス

日本でもお馴染み、X-メンが主役のお話だ。

X-メンとは、生まれ持って特殊な力を持ったため、迫害されている「ミュータント」と呼ばれる若者を、ミュータントにして最強のテレパス能力を持つ「プロフェッサーX」により、迫害から保護し、いつの日か迫害されずに受け入れられる為にと、世のために力を役立てるように結成されたミュータントチームのことである。

その第一期生である

スコット・サマーズ(サイクロップス

ジーン・グレイ(マーベルガール)

ボビー・ドレイク(アイスマン

ウォーレン・ワージントン(エンジェル)

ハンク・マッコイ(ビースト)

の、五人の人命救助と学園生活を描いた短篇集となっている。

設定は重いが、この作品はコメディタッチで描かれており、心を楽にして読むことができるし、X-メンを知らない人でも十分に楽しめる。

また、マイティ・ソーやドクター・ストレンジといった、マブカプ3を遊んだ人なら思わずニヤリとするようなゲストも登場するし、マグニートも1ページだけでてくる。

また、ウルヴァリンはでないが喋るゴリラがでてくる。

f:id:minotaki:20141106122500j:plain

まっとうな礼儀作法を心得ているこのゴリラはゴリラマンといい、アベンジャーズにも加入したことのある由緒正しきヒーローである。

ちなみに、アメコミは結構ゴリラが出てくる。どれもこれもかなり美味しい役どころで、下手なヒーローより待遇が良い。

日本の漫画でいう萌えキャラのようなものだ。

本の入手難易度だが、これは比較的簡単に手に入る。

まんだらけなどの中古コーナーでも見かけるし、漫画専門店の本屋でも結構見つかるので、新品購入は容易といえる。

話の内容と合わせて今回紹介する本の中では一番お勧めできる本かもしれない。

 

ウォッチメン

1986年から連載していたアメコミであり、アメコミの歴史を変えた一冊ともいわれている伝説的傑作。

その内容はしっかりと練りこまれており、ボリュームがすさまじい。漫画を読んだのに、読み終えると小説を読むのと同じくらいの時間がかかり、すさまじい満足感がこみ上げてくる。

古い時代の作品なのに、それをまったく感じさせないストーリー展開はお値段以上の満足が得られる。念のため言っておくが個人の意見であり、効果には個人差はある。

ストーリーは、ヒーローが実在するアメリカを舞台を元に作られている。

ヒーローの活躍により、2000年よりもはるかに前なのに電気自動車が街を走り、ベトナムもアメリカの州の一つになっている。

そんな世界で、ニクソン大統領による「ヒーロー活動の禁止法案」により、アメリカでは政府公認のヒーローしか、ヒーロー活動をしてはいけなくなった。

ある日、政府公認のヒーロー「コメディアン」が何者かに殺された。

その事件に、陰謀の匂いを嗅ぎ取った政府非公認のヒーロー「ロールシャッハ」はかつてヒーロー活動を行っていた仲間たちに警告をし、事件の真犯人を追跡する。

というお話だ。

作品は、一言で言えばかなりダークだ。

具体的なストーリーは読んで欲しいのでここで割愛するが、世界平和のためにニューヨークの人を皆殺しにしたり、ヒーローが口封じのために悪役を殺すわ、大昔に活躍してたヒーローが街のチンピラに殺されるわ物語の主役の一人がレイプの末に生まれた子供だと知るわでとことん陰鬱だ。

だが、非常に面白い。

とにかく設定が練りこまれており、「もし、ヒーローが実在したら」という設定をとことん突き詰めて物語が進んでいく。

大好きでとことん語りたいが、読んだことない人のためにもうここで辞めにする。

映画化もしているが15禁だ。エロいシーンや暴力シーン満載でこっちも面白い。

漫画のほうが好きだが、山場のシーンとかは映画のほうが好きだな。

f:id:minotaki:20141106163113j:plain

あえて中身ではなく表紙で。ボロっちいが気にしないでほしい。

入手難易度は、かなり低い。中古でも新品でもわりかし簡単に手に入る。アマゾンでも購入できるぞ。

 

 

ストリートファイター:ザ・コミック

同じ名前の何かではない。あのストリートファイターだ。

大人気格闘ゲームストリートファイターを、海外のアーティストにより漫画化したのが「ストリートファイター:ザ・コミック」だ。

カプコンのゲームは昔からアメリカでも人気があり、アメリカ版スト2のアニメまで放送されているし、デッドプールは作中で「SHORYUKEN!」と叫びX-メンのメンバーをぶん殴っていた。

で、作品の内容だが、様々な視点で物語が進んでいく。

が、そんなのはどうでもいい。フルカラーでリュウやさくら、サガットやローズがかっちょいい動きでアクションをしているのだ。ストリートファイター好きなら画集として買っても、その価値は十分にあるといえる。

f:id:minotaki:20141106164113j:plain

絵柄はこのように、アメコミの独特の絵の濃さに抵抗がある人でも、比較的すんなり見れる絵であり、入門編としては申し分なく良い。

それに加えてアメコミ独特なダイナミックな絵は、スト2好きなら一回は読んでみたほうが良い。キャミイやローズはエロかったです。

ちなみに、たまにアメコミバリバリな絵もあるが、そこは気にしなくてもよい。

 

デメリットは、入手の難しさだ。

新品で購入するのはほぼ不可能であり、中古本での購入になる。

確実に手に入れたいならアマゾンで購入しよう。ちなみに全2巻だ。

 

以上、今回はここまで。

また近いうちにその2を紹介していきたいと思う。

もし好評だったらの話だが。